脱水への対応①〜緊急性を評価する大原則〜

 

Ns辻本

今回のテーマは「脱水への対応」です。

第1〜3回に分けて説明をさせていただきます。

まずは、脱水を放っておくとどうなるか、行き着くまでの対応や観察の大原則について説明していきます。

 

脱水への対応〜緊急性を評価する大原則〜

 

早速、症例を通して学んでいきましょう!

 

症例

  • 80歳
  • 男性
  • 一人暮らし

8月、訪問すると、自宅で動けなくなったところを発見しました。
皮膚を触ると、乾いていて、温かいです。

 

このような時、様々な選択肢があると思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

==========================================

ビジケア公式LINEに登録すると、訪問看護に関する最新情報(診療報酬や介護報酬改定を中心とした内容)が月に2回無料で配信されます。

最新セミナー情報やお得なご案内も配信していますので、よろしければ登録をお願いします。

友だち追加

==========================================