小児訪問看護の役割とは?ご家族も安心できる自宅療養の支援者に

小児訪問看護の役割とは?ご家族も安心できる自宅療養の支援者に

医療技術や機器の進歩により、病気や障がいとともに自宅で過ごすことができるケースが増えました。小児の場合も同様に、在宅療養を選ばれるケースも少なくありません。

しかし、子育て中のご家庭の場合は幼い兄弟の育児と自宅療養児のケアを同時に行う場合も多く保護者の負担が大きいことも事実です。

現在、自宅療養を続ける小児は訪問看護を利用しているケースが多く、小児訪問看護では医療的ケアを必要とする小児が自宅で安心して安全に過ごせるように支援しています。加えて、利用者であるお子さん本人だけでなくご家族の精神的な支えにもなりうる重要な役割も担っています。

ここでは、自宅療養するお子さんと家族を支える小児訪問看護における看護師の担う役割をお伝えします。

訪問看護に興味がある方やこれから訪問看護師に転職される方、小児の訪問看護に挑戦したい方はぜひ参考にしてください。

 

小児訪問看護の対象は「0歳からの医療ケアを要する児」と「家族」

小児の訪問看護は0歳から利用可能です。早産などにより体の発育や健康状態に不安があるお子さんや、何らかの疾患により療養が必要なお子さんが対象で、具体的には人工呼吸器管理・たん吸引や経管栄養の支援などを行います。

24時間の医療処置が必要となるケースが多いため、親御さんの身体的な負担だけでなく、精神的な支援も大切です。また、利用者さんである児に兄弟がいる場合は、きょうだい児の支援も考慮した支援が必要な場合もあります。

小児訪問看護の対象者はケアを受ける児本人はもとより、親御さんやきょうだいまで幅広い視野で家族全体を支える重要な役割だといえるでしょう。

 

小児訪問看護に関わるスタッフとケア内容

リハビリと子供

小児訪問看護には看護師や理学療法士、作業療法士などが連携して関わります。発達段階にある小児の場合は、それぞれの発達状態を考慮しながら支援をすすめる必要があります。

 

小児訪問看護における看護師の役割

人工呼吸器の管理や、清潔の援助、点滴などの医療処置、床ずれ予防、食事介助、たん吸引など生活するために必要な支援と、医師の指示による医療処置など様々なケアを行います。また、介護される親御さんの不安や悩みの相談、技術指導なども担います。

 

小児訪問看護における理学療法士・作業療法士の役割

身体機能の維持や発達に合わせた適切な運動や遊びの提供、福祉用具や環境設備などの調整について相談になります。基本的な生活動作の評価や、障がいに合わせた訓練を計画・実行します。

 

小児訪問看護は「親御さん」と「きょうだい児」の支援も考慮して

brother

小児訪問看護に特徴的な支援として「きょうだい児」の支援も必要です。
きょうだい児とは障がいのある児の兄弟姉妹を指します。(「きょうだい」が平仮名なのは兄・姉・弟・妹という立場に関わらずきょうだいであることを指すためです)

多くの場合、自宅療養を続ける児のケアには親御さんが関わっており24時間の多くをケアに費やしているケースも少なくありません。人工呼吸器管理やたん吸引が必要な児の場合は常に見守りが必要ですし、できる限りのことをしたいという親御さんの気持ちはとても自然なものです。

一方で、療養時のケアに一生懸命になるほど、きょうだい児にかける時間が短くなってしまうのも事実です。このようなとき、小児訪問看護師が関わることで、親御さんときょうだい児の時間を作り出す支援が必要かもしれません。

 

きょうだい児のケアの実際

たとえば、訪問時間をつかってご兄弟と親御さんだけで外出してもらったり、ショートステイの提案をすることがあります。

親御さんの意識として「我が子を預けて遊びに行くなんて」という罪悪感を抱く方が非常に多いので、親御さんにきょうだい児への支援として大切な時間であるということをお伝えすることも大事なケアの一つなのです。

 

親御さんの身体的精神的な支援が大切

きょうだい児への支援と同様に、親御さんの支援もとても大切なケアです。
医療依存度の高い療養児の介護は24時間休みなく続きます。

父親が日中・母親が夜間など昼夜を分担してケアしていることが多く、身体的な負担は蓄積されてしまうケースも多いのが現状です。

加えて、きょうだい児への関わりが不足していると感じ、きょうだい児にも罪悪感を抱えながら過ごしている親御さんがとても多いのも事実です。

小児訪問看護師は親御さんの気持ちやストレスに寄り添い、話を聞いたり、具体的なレスパイト(介護の休息)を提案するなど、長期間の自宅療養が安心して続けられるような役割も担います。

 

小児訪問看護は「家族」を支える大切な役割

Family

小児訪問看護の役割についてお伝えしてきました。

小児訪問看護は、利用者であるお子さんだけでなくお子さんを支える親御さんや共に暮らすきょうだいなど「家族」をまるごと支援する役割を担います。

小児訪問看護に関わる看護師は、医療的な処置の技術・医療機器への対応・小児の発達や発育などの知識・ご家族やきょうだいへの配慮など様々な経験や知識・技術が必要となるため、責任が重く大変に感じられるかも知れません。

しかし、ご家族の気持ちに寄り添うことで信頼関係を築き、穏やかに自宅で過ごしておられる様子を間近で見ることができる、とてもやりがいのある役割でもあります。
さらに、医学の進歩と社会的な医療の流れから、今後も小児の訪問看護を必要とするお子さんは増え、対応できる看護師の役割もますます重要となるでしょう。

利用者である小児とその家族も含めて支援していく小児訪問看護は、大変さもありますがとてもやりがいのある看護です。訪問看護に少しでも興味がある方は、今後の必要性を考慮して小児の訪問看護に対応できるスキルを身に着けておくと良いかも知れません。

ビジケア公式LINEに登録すると、訪問看護に関する最新情報(診療報酬や介護報酬改定を中心とした内容)が月に2回無料で配信されます。

最新セミナー情報やお得なご案内も配信していますので、よろしければ登録をお願いします。

友だち追加