【精神科訪問看護講座②】精神障がいを持つ人の看護のあり方!

 

Ns田端
みなさん、こんにちは!精神看護専門看護師の田端恭平です。

精神科の訪問看護について紹介させていただいています。

第1回の講座では、精神障がいの捉え方からアセスメントのさわりまでを簡単に説明させていただきました。

第2回では、精神障がいを持つ人の看護のやり方ではなく、あり方について紹介していきます。

精神科訪問看護において大事にするべき、知っておくべきポイントについて、学んでいきましょう!

 

 

精神科訪問看護は対症療法と考えてみる

対症療法とは病気の根治を目指す治療ではなく、つらい症状を和らげる治療になります。

風邪症状やがんの痛みなどのつらい症状を和らげるために薬物療法を行いますが、症状の程度や副作用の出方などによって、薬剤の使用方法が異なっていきます。

精神科訪問看護の支援も、対症療法と似ています。

精神障がいの多くが未だ原因不明で、利用者さんによって性格や考え方、精神症状も異なるため、オーダーメイドの看護が必要になってきます。

そのため、精神科訪問看護の「やり方」ではなく「あり方」を学ぶと良いと考えます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

==========================================

ビジケア公式LINEに登録すると、訪問看護に関する最新情報(診療報酬や介護報酬改定を中心とした内容)が月に2回無料で配信されます。

最新セミナー情報やお得なご案内も配信していますので、よろしければ登録をお願いします。

友だち追加

==========================================

ABOUT US

君成田 弘八
訪問リハビリテーション事業所と訪問看護ステーションで併せて7年の作業療法士。利用者さんの思考や心情を考察し、行動へ導くコミュニケーションを重要と考え、仕事しています!様々な利用者さんとのコミュニケーションアイディアをnoteで記事にしています!noteはこちら