退院時共同指導料の医療機関と訪問看護ステーションの関係とは?

訪問看護を利用される患者さんが入院中に、入院先の医師や看護師等と患者さんの在宅での療養上に必要な指導を行うことがあります。

退院前カンファレンスといい、訪問看護ステーションに勤める皆さんも参加したことがあるのではないかと思います。

この時に発生する加算を「退院時共同指導加算」といいます。

 

では、私たち訪問看護ステーションは退院時共同指導加算を算定しますが、入院先の医療機関や同席した訪問診療医等はどのような算定を行っているかご存知ですか?

今回は、退院時共同指導料の医療機関と訪問看護ステーションの関係について詳しく解説します。

訪問看護と関連する医療機関の診療報酬について学びを深めることで、より連携を図ることができます。

訪問看護ステーションの管理者さんや、訪問看護の算定を学んでいる方はぜひご一読ください。

なお、この記事で示される看護師等とは、保健師、助産師、看護師、准看護師をいいます。

 

 

この記事でわかること

退院時共同指導料とは?

退院時共同指導料1とは?

退院時共同指導料2とは?

退院時共同指導加算とは?

退院時共同指導料の医療機関と訪問看護ステーションの関係とは?

退院時共同指導を行うことができる施設は?

オンライン参加も可能?

 

Ns上妻
この記事だけ購入したい方は、下記の「ビジケア公式note」で購入可能です。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ビジケア公式LINEに登録すると、訪問看護に関する最新情報(診療報酬や介護報酬改定を中心とした内容)が月に2回無料で配信されます。

最新セミナー情報やお得なご案内も配信していますので、よろしければ登録をお願いします。

友だち追加

 

ABOUT US
石澤 明日香
埼玉県在住/看護師/急性期総合病院にて6年勤務後、訪問看護ステーションの管理者として立ち上げから3年半勤務。現在は訪問看護ステーションで常勤スタッフとして勤務しながら、重度訪問介護事業所にも所属し介護士として障害を抱える方への支援や訪問看護に特化したブログ「ウチくる看護」の運営を行う。/趣味は料理とホームパーティ