安全運転管理者制度とは?令和4年4月からアルコールチェックが義務化決定

 

訪問看護ステーションの経営者であれば、安全運転管理者制度を知っておく必要があります。

 

注意説明

安全運転管理者および副安全運転管理者を選任すべき事業所が選任しなかった場合は5万円以下の罰金があります。

 

令和4年4月1日から安全運転管理者の業務に「運転者の酒気帯びの有無の確認」が追加されます。

 

この記事では、下記のことが分かるようになります。

 

この記事で分かること

  • 安全運転管理者を置く必要のある訪問看護ステーションとは?
  • 安全運転管理者の業務
  • 令和4年4月1日からの制度変更について

 

ビジケア経営マガジンでは、このような制度の変更をお届けしています。

 

では学んでいきましょう!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ビジケア公式LINEに登録すると、訪問看護に関する最新情報(診療報酬や介護報酬改定を中心とした内容)が月に2回無料で配信されます。

最新セミナー情報やお得なご案内も配信していますので、よろしければ登録をお願いします。

友だち追加