福祉用具の定義とは?福祉用具専門相談員が解説します。

  • 福祉用具ってよく聞くけどどこからどこまでのものを言うの?
  • 福祉用具の定義ってなに?

 

訪問看護の現場でよく聞く「福祉用具」と言う言葉ですが、どんなものを福祉用具と呼ぶのでしょうか。

当記事では福祉用具専門相談員が福祉用具の定義についてわかりやすく解説します。

 

福祉用具定義とは?

 

福祉用具ってよく聞くけどどんなものを福祉用具というの?

 

「福祉用具」とは以下のように定義されています。

「福祉用具」とは、心身の機能が低下し日常生活を営むのに支障のある老人(以下単に「老人」という。)又は心身障害者の日常生活上の便宜を図るための用具及びこれらの者の機能訓練のための用具並びに補装具をいう。

引用:○福祉用具の研究開発及び普及の促進に関する法律

これはいわゆる福祉用具法という法律で決められた言葉の定義になります。

簡単に言うと、以下の通りです。
高齢者や障害を持つ人が日常生活を送る時に必要なものや機能訓練のために必要なものを「福祉用具」と呼びます。

なので、わかりやすくイメージすると、日常的にメガネやコンタクトをしている人(視力低下がある人)が日常生活を送る上で必要なメガネやコンタクトレンズも「福祉用具」に分類されます。

また、高齢者が安定して歩くためのT字杖は介護保険では貸与対象・購入対象にならず、自費での購入となりますが、言葉としては「福祉用具」に分類されます。

これは広義での「福祉用具」という言葉の定義であり、難しいことに介護保険の現場では、また異なる言葉の定義で「福祉用具」という言葉を使用していることが多いです。

「福祉用具」と聞くと、高齢者が使うものなのではないかと思う人も多いかと思いますが、私たちが日常を送る上で何かを補う必要がある時に使うものが「福祉用具」です。

 

介護保険での福祉用具とは?

 

 

介護の世界で使っている「福祉用具」という言葉の定義は先ほど説明した定義とは異なることが多いです。

なぜなら、介護の世界での「福祉用具」とは以下のように定義されています。

介護保険の福祉用具は、要介護者等の日常生活の便宜を図るための用具及び要介護者等の機能訓練のための用具であって、利用者がその居宅において自立した日常生活を営むことができるよう助けるものについて、保険給付の対象としています。

引用:介護保険における福祉用具、住宅改修|厚生労働省

このように、別の定義があるからです。

そのため、介護の世界での福祉用具は介護保険で給付の対象となっているものという言葉の定義で使われることが多いです。

介護保険で給付の対象となっている福祉用具とは、以下のようなものがあります。

 

介護保険で貸与対象のもの
  • 車いす(付属品含む)
  • 特殊寝台(付属品含む)
  • 床ずれ防止用具
  • 体位変換器
  • 手すり
  • スロープ
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 認知症老人徘徊感知機器
  • 移動用リフト(つり具の部分を除く)
  • 自動排泄処理装置

 

介護保険で購入対象のもの
  • 腰掛便座
  • 自動排泄処理装置の交換可能部
  • 排泄予測支援機器
  • 入浴補助用具
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分

 

上記で記載した介護保険で貸与対象のものと購入対象のものを狭義の「福祉用具」ということが多いです。

介護の世界ではこの定義で話をすることが多いので、ケアマネジャーや福祉用具専門相談員が使う「福祉用具」という言葉は介護保険で貸与対象のものと購入対象のものという意味で使われます。

 

福祉用具と介護用品の違いとは?

 

 

福祉用具という言葉の定義についてはお話ししましたが、介護の世界では「介護用品」と言う言葉もよく耳にします。

この「介護用品」という言葉と「福祉用具」の違いはどんなものでしょうか?

この言葉の違いは「目的」が異なります。

「福祉用具」は定義通り、日常生活を営むために必要なものや、リハビリに必要なものです。

「介護用品」とは、介護生活を支援するもの全般のことを指します。

なので、オムツなどの介護生活を支援する日用品も介護用品に含まれます。

大きな括りで言えば、福祉用具は介護用品の一部ということができます。

 

まとめ

 

今回は、福祉用具の定義についてお伝えしました。

訪問看護で行く在宅環境では福祉用具の力を借りることが多いですが、意外と言葉のちゃんとした定義を知らない人は多いです。

在宅の現場でケアマネジャーや福祉用具専門相談員と共通した言語で利用者さんの混乱がないようにお話しするには言葉の定義が大切になってきます。

また、在宅現場でよく目にする介護の商品パンフレットなども介護用品の取り扱いが載っていることが多いです。

そのため、福祉用具がどこまでなのかというのは現場では混同しているのが現実です。

どんな商品がレンタルできるのか?
これは介護保険上の福祉用具に入るのかな?
このような疑問を持った際は、福祉用具専門相談員やケアマネジャーに質問してみることが一番わかりやすいかと思います。

ぜひ、「福祉用具」と「介護用品」など普段話ししている言葉の定義を今一度、確認してみてください。

ビジケア公式LINEに登録すると、訪問看護に関する最新情報(診療報酬や介護報酬改定を中心とした内容)が月に2回無料で配信されます。

最新セミナー情報やお得なご案内も配信していますので、よろしければ登録をお願いします。

友だち追加

 

ABOUT US
あさと 紬理学療法士/福祉用具専門相談員/ライター
東京都在住/認定理学療法士(地域)・福祉用具専門相談員・福祉住環境コーディネーター2級/理学療法士としてデイサービス、総合病院にて勤務後、福祉用具貸与事業所で住宅改修専門の福祉用具専門相談員として勤務。/趣味はダイビング